<< 右眼 七夕 >>
受動喫煙
新幹線のホームにある喫煙場所というやつ。これが大不評だった。灰皿周りにはいつも喫煙者がかなりの数いてプカプカやってる。目指す車両の乗車位置まで移動する間にこれがあると嫌でも煙の中を通り抜けることになる。匂いは風に乗って結構広範囲に拡散するし、通り抜ける時には息を止めてそそくさと突っ切るしかない。乗車位置がその近くだったりすると最悪だ。昔は自分も吸っていたことだし知り合いには喫煙者も多くあまりきついことは言いたくないが、正直あの匂いには辟易する。超絶大嫌いだ、今は。

その喫煙場所が撤去されてホーム上は完全禁煙になった。全線でそうなったかどうかは知らないが少なくとも新横浜と京都ではそうなった。かわりにコンコースに喫煙ルームが設置され見るたびに賑わっている.時にまるで薫製室のような有様だ。ここまでされて・・・気の毒っちゃあ気の毒だが、まあそれでも吸いたいのであれば仕方がない。吸わない人間、特に昔吸っててやめた人間にとってはかなり嬉しい。タバコそのものが憎しみの対象みたいになってるところあるからね。私の場合、好きでいるうちはやめられないと思って思いを断ち切った、あえて嫌うことによって。

さて、そんな人間にとってはこれで万事解決というわけにはいかない。車内に設置されている喫煙ルームというやつだ。全車禁煙といいながら完全禁煙にできないJRの事情はあるのだろうが。タバコを嫌う人間は他人が吸ったタバコの煙を吸わされることにガマンならないと同時にヤニの匂いが大嫌いなのだ。喫煙ルームに行ったやつはかならず全身にタバコの匂い、ヤニの匂いを纏わり付かせて帰ってくる。隣の席のやつにそれをやられるともうね。席を立ちたくなる。軽い殺意を覚えるくらいだ。いや、マジで。(^^)

バーとか飲み屋とか始めっからタバコ臭い所に行くのとは訳が違う。
完全禁煙が無理なら次期新車両では喫煙ルームの出口に脱臭ルームを設置してもらいたいね。
[PR]
by shakan | 2013-07-14 01:02 | 日記・・みたいな
<< 右眼 七夕 >>