夏休みの工作/その2
ヘンシェルHs123。大好きな機体。傑作機として知られているがこういうキットで商売になるほどメジャーではないと思っていたのだが・・・私の認識があまかったのか。ちょっと嬉しいびっくりだった。
a0053961_138041.jpg
a0053961_1382171.jpg
a0053961_1373063.jpg
a0053961_137479.jpg
a0053961_14235586.jpg
ナチスのマークは模型の世界でも御法度なんだろうか。キットにはデカールも付属していない。個人で楽しむプラモと違ってRC機は外で飛ばすから?人目に触れるから?  
でもね、やはりこれがつかないと間が抜ける。それらしく見えないんだよなあ・・・
a0053961_136599.jpg
a0053961_1365018.jpg
a0053961_1364445.jpg

[PR]
# by shakan | 2012-09-12 15:14 | 模型
グルメ少年
土曜日の夕方、お袋はビーフシチューを作っていた。
玄関のチャイムが鳴ったので、手を止めて出てみると小学校低学年くらいの男の子が立っている。
今作っているお料理はなんですか?と聞いてきたそうな。
へ?と思っていると男の子の後ろから母親が困ったような表情を浮かべて顔を出した。
聞くとこうだ。
道を歩いていたらとお宅のキッチンからいい匂いが流れて来て息子が脚を止めた。
ママ、すごくいい匂いがするよ。すごく美味しそう。
ねえママ、これを作って!とせがまれたんだそうだ。
そんなこといったってどんな料理だかわからないし作れないといったら、じゃあ僕聞いてくるよってんで本当にチャイムを押してしまったのだと。

ずいぶんと前向きで行動力のある子だ。
美味しいものを嗅ぎ付ける嗅覚といい、きっとグルメな大人になるに違いない。(^^)
ナイスなビーフシチューをいただきながらしばしこの話で盛り上がった翌日の実家お昼であった。
[PR]
# by shakan | 2012-09-12 11:14 | 日記・・みたいな
夏休みの工作/その1
ボーイングPT-17ステアマン。ほとんど完成状態なので工作なんてものじゃないが・・・(^^;)
組み立ててちょこっとカラーリングしただけ。ものすごく正確に出来てるのでマニュアル通りに組んで行くとビシッと完成する。実に気持ちがよろしい。
a0053961_15552470.jpg
a0053961_15545620.jpg
a0053961_15555841.jpg
a0053961_15562889.jpg
a0053961_15564647.jpg

問題はEPO(発砲ポリオレフィン)という素材だ。軽くて丈夫、成形の具合もよろしくRC機にはもってこいの素材だそうだが、おかげでこんなサイズのスケール機がお手軽に飛ばせる時代になったのだなとしみじみ思ってしまう。もっとでかいのもある。スパン1700mmを超えるような機体が飛行重量4キロかそこらてんだからびっくりだ。しかも安い。モーター、ESC、サーボ組み込み済み、引込脚フラップ装備で5万円でおつりがきちゃう。夢のような時代だね。(^^)

まあ、そんな素材で出来てるので難点ももちろんある。まずは触った感触。ぶよっとした妙な弾力があるのが気持ち悪い、ソリッド感はいまいちだ。そしてなにより塗料の食いつきが悪い。マスキングテープが使えないのだ。軽く押さえただけでも剥がすと下地ごとべろっとはがれてしまう。こいつは如何ともし難い。機体番号を入れたんだが泣きそうだった。道理で普通塗るだろというような部分がデカール仕上げになってたりするはずだ。ラダーのメリケンカラーとか。
このデカールってやつも問題だ。しわが寄ったり気泡が入ってたり、自分でやったものなら自己嫌悪で済むが始めから貼り込まれてたんでは怒りのもって行き先がない。しわは情けないことこの上無し。出来るもんならはがして手塗りしたいところだ、国籍マークとか、せめて貼り込みはユーザーに任せてくれればいいのに。水転写デカールにして。

この手のARFキットはお手軽さがウリなので仕方がないのかもしれんが・・・とっても残念。
ちなみにこれらのキットは組上げるともうバラせない。スパン1100mmとはいえ複葉機はボリュームがある。ものすごい場所塞ぎ。(^^;)
[PR]
# by shakan | 2012-09-12 01:34 | 模型
トータル・リコール
面白かった。
息もつかせぬ切れのいいアクションとディテールに凝った背景、サービス精神にあふれたカットの連続はいかにも好き者が作った感じで大いに好感。ラストまで存分に楽しめた。
話の流れは概ねシュワちゃんの作品と同じだが設定は大きく異なる。まあ、かなり無茶な設定なんだけどこのアイデアあっての作品だし、荒唐無稽が大好きな私にはいっかな問題ない。それやらこれやら突っ込みどころは観たあとの話題には十分すぎるほど。それも全部ひっくるめて堪能ってわけだ。(^^)
吹替え版がおすすめ。絶対に大スクリーンで観るべき!!
[PR]
# by shakan | 2012-08-21 08:04 | 映画
半合炊爨
a0053961_23432927.jpg
ビールが主食の我が家ではご飯を炊くことが滅多にない。どうしても「朝ごはん」が食べたいときに出番があるくらいだ。なのでジャーにご飯が保温されているとか冷や飯が残っているとかいう状況は皆無。だからチャーハンはうちのメニューにはない。その代わりに生米から作るピラフが時々登場する。
ご飯は多めに焚いた方が美味いのは間違いないが、少ない量ってのはどのくらいまで炊けるんだろうか。今回は一合で上手く出来たが、たまに料理の付け合せに少量のサフランライスとかガーリックライスが欲しかったりするよね。その場合一合では多すぎる。次は半合でやってみるか・・・
[PR]
# by shakan | 2012-08-19 00:08 | 作ってみた
UH-60 ブラックホーク
あまりの出来の良さについ予約注文してしまったのだった。
a0053961_16414611.jpg
a0053961_1643574.jpg
a0053961_16432535.jpg
a0053961_16435842.jpg
a0053961_16444091.jpg
ディテールまで凝りまくってもうまんまプラモデル。これがRCで飛ぶなんてちょっと信じがたいが、腕さえあればアクロもこなすってんだからびっくりだ。デモ飛行の動画を観るとホントかよっていいたくなるくらい。(^^;) 
a0053961_16471256.jpg
a0053961_16481074.jpg
もちろん?怖くってまだ飛ばしてないが・・・こんなサイズなんだよ。(^^;)
a0053961_16485844.jpg

[PR]
# by shakan | 2012-08-17 17:10 | 模型
今夜の一品
a0053961_2249284.jpg〆鯖のカルパッチョ。

先日京都のイタリアンできずしをカルパッチョにするという話を聞いたので〆鯖でやってみた。(調理は奥さん)
なかなかにイケましたな、これは。ビジュアルもナイス。
[PR]
# by shakan | 2012-08-16 22:59 | 日記・・みたいな
プロメテウス
シガニー・ウィ○バーはよかったなあ。しみじみ。

キャラ設定が思いっきりつまらない。もう全然キャラ立ってない。誰にも感情移入できない。
ストーリーはご都合で展開するしメカデザインは古くさいし・・・
つっこみどころばかり。期待が大きかった分がっかり感がハンパない。はあ・・・

探査ボールだけは絵的に面白かったけど。
[PR]
# by shakan | 2012-08-15 23:14 | 映画
夏仕事
八月の京都には行きたくない。ないが、仕事となればしょうがない。
性悪な猛暑を覚悟していたところ、到着してみると意外とたいしたことがない。聞けば前日から気温が下がって夜は肌寒いほどなんだそうな。3日間こんな気温だったら嬉しいのだが。

大学が用意してくれたホテルは定宿になっているオー○スよりはだいぶ新しい。期待していたのだが、部屋のドアを開けたとたん押し戻されるような圧迫感に襲われた。独房かよ。いや、部屋の広さはまあ普通なんだが窓がない。カーテンのかわりに目隠しの引き戸(壁と同じ壁紙が貼られている)がついているタイプだ。閉所恐怖症の私にはもっとも苦手なやつだ。(せめて開けといてくれればだいぶ印象が違ったろうに)
仏壇の扉を開けるような気分で戸を開く。案の定、隣のビルの壁面が目の前。手を伸ばせば届きそうな感じで視界を塞いでいる。窓があるだけマシ、みたいなもんだが。

ケチの2。ベッドが大きすぎる。この部屋にこのサイズはないだろうってくらいのワイドなセミダブル。窓といいこのベッドといいラブホテルかよ。おかげでデスクとの隙間が椅子ひとつぎりぎりはいる程度しかない。窮屈。

ケチの3。備え付けの15インチクラス液晶TVは今時こんなのありかよってなハイビジョン非対応。地上波のみで衛星中継も見られないし、サッカーなんか選手の背番号もわからないボケボケ画面。

ケチの4。ユニットバスの床面がフロアから15センチくらい高く、その高低差にかなり怖い思いをした。
・・・というわけで、朝食つきというアドバンテージはあっても「次はないな」評価。 

晩飯。「つぐ」が満席だったので近くのイタリアンへ。前々から気にはなっていたが入るチャンスがなかった店。Trattoria La Voce 。
なかなかいけましたな、ここは。カウンターで食事したんだがそこから見える厨房が妙に広い。この規模の店だったら半分もあれば十分じゃないのってくらい広い。まるでちょっとしたホテルや料亭の調理場並み。(オーバーかもしれんけど)
聞いたらその店、前はフレンチレストランだったそうで、そのオーナーシェフがものすごい巨漢だったとか。でっぷりの体で楽に動けるように設計したらしい・・・って、冗談だとは思うけどね。(^^;)

a0053961_178439.jpg
a0053961_1717669.jpgハモと松茸といえば最初に思いつくのは定番土瓶蒸し。
・・・かと思いきやなんとフリット。面白そうだったのでつい注文。

これはこれでなかなかだった。この時期の松茸は外国産だけど地場ものの高いのはどのみち使えないからねとマスターは笑ってたけれど。a0053961_17175930.jpg
[PR]
# by shakan | 2012-08-08 23:28 | 日記・・みたいな
もらうと何となく嬉しいもの
号外ってやつ。(^^)
a0053961_17155071.jpg

[PR]
# by shakan | 2012-07-24 17:18 | 日記・・みたいな