二階建て
柱が揃ったので二階建てにしてみた。
机の上がいきなり広くなって嬉しい(^^)。
・・・・・・
う〜〜ネームできね〜。
出来ねーとつい飲んじゃうんだよなぁ・・・
柱もあまっちゃうよ。
a0053961_15241021.jpg

a0053961_15365582.jpg

[PR]
# by shakan | 2005-08-25 16:55 | 日記・・みたいな
エロチックな果物
といえば、これをおいてありませんですな。
毎年この時期になると店先に並ぶ神々しいまでの造形。
女性のお尻をこよなく愛でる私としましてはたまりません。
その形その手触り。その香りその柔らかさ。
そしてなんといっても恍惚となってしまうくらいの食感。その味。

CHEEKSの表紙、バックはこれ。
もうまんまスパンキングされたお尻そのもの(^^)。
a0053961_041818.jpg

[PR]
# by shakan | 2005-07-27 01:39 | 日記・・みたいな
タイガー強すぎ
全英オープン。オラサバルの60メートルパット!!
思わず注目。セントアンドリュースのこのグリーン、1200坪!!もあるんだと。笑っちゃうね。
パターであんな思いっきりたたくシーンなんてみたことない。

朝渡しの原稿、最後の追い込み中。
一晩中みてられる。いやでも。(^^:)
[PR]
# by shakan | 2005-07-18 01:10 | 日記・・みたいな
横浜ジンギスカン
最近ジンギスカンがブームになっているようだ。都内ではあちこちで新しい店がオープンしているらしい。おなじみの東京ジンギス倶楽部、マップが星だらけになってきたもんな。
http://www.to-jin.com/index.html

で、そのブームに乗ったのではないらしいこの店(^^)、「だんだん」。オープンは2004年の11月だそう。
つい先月、札幌のビール園でたらふく食ってきたのだが、この日(7/6)は朝から無性にジンギスカンが食べたくて食べたくてたまらなくなってねぇ。夕食は絶対ジンギスカンと決めていたのだった。北海道育ちの人間にはインプリンティングされているのだと思うあの味、あの匂い。食べたいとなると我慢出来ないのだよ。時間さえ許せば北海道まで行っちゃったっていいと思うくらい。まあ、現実問題、近所で食べられたらこんな幸せなことはないのだが最近まで横浜にはなかった。何年か前、洋光台だったかあの辺に出来たってんで喜び勇んで飛んでって地面に潜り込むくらいへこんだ。それ以来、似非ジンギスカンには当たりたくない思いが強くって。この店もあるのは知っていたのだがなかなか試してみようって気にならなかったのだ。

木造モルタル2階建て。これって元はアパートなんじゃねえのってな外観。場末なバーとかスナックが入ってるといかにもってな建物。鉄製の階段を上がると正面に東京ジンギス倶楽部のステッカーが貼られたドア。ちゃんと店名を書いておいて欲しいものだが看板は階段下にあるだけ。隣は飲み屋らしいんだがどちらのドアなんだかちょっと迷う。
中にはいるとそこそこの広さ。内装はまあまあ。そこら中、油でぎとぎとだけど(^^)。
上着をしまうスペースとかビニール袋は用意してるんだろうか、Tシャツの我々にはどのみち関係はないんだが一言もなかったな。ジンギスカンは思いっきり匂いが付くからねぇ。

生ラムはオーストラリア産らしい。味はよかった。
タレはちょっと物足りなかったな。もう少し濃厚なのも用意して欲しい。パンチの効いたのを。
特に感動したのはブルーチーズ焼き。これはちょっとヤバイくらいうまい(^^)。タレがいまいちに思ったのもあったせいか、ジンギスカンもこの溶けたブルーチーズに絡めて食ったのが一番うまかったような気がする。
残念だったのはサイドオーダー。サラダも、ザワークラウトもへタレ。これならいっそ無しにしてしまった方が潔いってもの。肉だけって直球勝負の店もいい。(・・・でもジンギスカン食ってると無性に生野菜が欲しくなるんだよなあ)
4人で腹一杯飲んで食って16000円。まあまあじゃないかな。
[PR]
# by shakan | 2005-07-09 18:34 | 食う
やれやれ
やっとGW進行の修羅場をくぐり抜けた。もう一時はどうなることかと思ったけれど。
ブラインドホールの書き下ろしが長引いて後のスケジュールを決定的に狂わせたのだ。3月中に終わるはずが脱稿したのは4月の3日。続くYKは24ページのはずだったが担当編集S君、眼圧異常で手術、入院。
よろしくない気配だ。やばそうなので事前交渉。いつもの16ページにしてもらう。おかげでこれはスムーズにクリア。
続いてOURS。これが難物だった。ネームに悪戦苦闘すること5日間。下絵とペン入れ完成まできっちり3日間、全徹。
なんとかかんとか間に合わせて引き続きYK。毎度のことながらネームに3日間悩む。
当然残るのは2日。全徹。
トリプル、ダブルの最強コンボ。もう徹夜はできないと思っていたけれど意外にいけるモンだなと・・・(^^:)。
アシ君たちはできるだけ元気でいてもらいたいので、徹夜は最後の一日だけ。私の線がへろへろになってもきっちり仕上げてくれればなんとか格好が付くからね。どちらにしてもこの時間が最後、なんてくらいギリギリになるとろくなことはない。ネームの変更はきかないし編集さんもカリカリの状態なので思わぬミスも出てしまう。そして校正しきれずに印刷に回ってしまうことになったりして。
好きでやってるわけじゃないけど、毎回毎回何でこう悩むんだろう。

今夜は久しぶりに自宅に戻ってゆったりした時間を過ごしている。
セラミックボトルのスプリングバンク21Y。壷入りだ。生還祝いに自分で自分に送ったプレゼント。前から欲しかったが何せ4万からする酒だ。そんな理由でもつけなきゃ買えやしない。今夜はこれを開けよう。・・・てんで開けにかかって大騒ぎ。まず封蝋が剥がれない。リボンがくぐらせてあるので引っ張れば簡単に開けられるのだろうと思っていたがこれが一筋縄ではいかない。指先で引っ張ったところびくともしないし、そんな幅の狭い、短いリボンを力一杯引っ張るなんてどだい無理。ペンチとプライヤーでリボンを挟み奥さんにボトルを抑えてもらって力一杯引っ張る。バツンと来て封蝋がはじけ飛んだ。欠片がそこら中に巻き散らかされた。しかたなし掃除機をかける羽目に。夜中なんだけど。
コルク栓は見えたもののまだ周りには封蝋がこびりついている。これを錐を使って丹念に砕く。土木工事みたいだ。そりゃあ夢中にもなるよな。何せとびきりの一本だ。やっとの思いでコルク抜きを突っ立てる。引き抜く。あああ、やっと抜けた・・・漂う甘い香り。
うま〜い。たまらん。苦労した後の一杯はことのほかだ。なんて幸せなんだろう(^^)(^^)(^^)。
[PR]
# by shakan | 2005-05-02 18:33 | 日記・・みたいな
かいかい病
2/15 病院へ行って来た。
昨日かかりつけの皮膚科Wクリニックで診てもらったが、入院していた病院で診てもらった方がいいでしょう。投与された薬などのデータがそろってるから。ということで。

かかった医師はスレンダーな若い女医さん。実にぱきぱきとしたしゃべり方をする、気持ちのいい美人。これが妊娠中だったりして。白衣のおなかがぽっこりと・・・
激萌え〜〜〜(^^)(^^)(^^)
でも数日後には産休にはいるらしいですから〜〜〜〜。続けてみてもらえまっせん、残念!!

診断としては、やはり鎮痛剤が一番怪しいとのこと。詳しく調べるからというので尿検査と血液検査を。そして薬によるアレルギーの恐ろしさを説明してくれたんだけど・・・目とか口の中などの粘膜に異常が出てくると厳しいそうな。ヘタをすると失明の危険も出てきますと。おいおい。お宅の病院で処方してくれた薬なんだぜ。頭蓋骨骨折して眼球は助かったのに薬害で失明したら冗談じゃすまねーぞ!
他にこういう障害も出るかもしれませんという話でびっくり。実はここ数日、昨年の悪夢を彷彿とさせる逼迫性頻尿と排泄後の疼痛があるのだった。果たしてそれもアレルギー反応の一つであるよし。前立腺の炎症がぶり返したわけではなかったのだな。ちょっとだけ落ち着く。この上また泌尿器科にかかるのはうんざりもいいところだったのでね。


2/17 猛烈な痒さで丸二日間仕事にならなかったが、この日やっとアップ。処方してもらった抗アレルギー薬が効いたのか痒みは我慢できる程度には収まり、ボコボコだった腫れも少しづつ引いてきた。

2/19 再診を受けたときにはかなり楽になっていた。血液検査の結果も異常なしとのこと。今日でそのチャーミングな女医さんとお話しするのも最後。次は他の女医さんに引き継ぎますからと。また女医さん?
それにしてもこの病院、若い医者ばかりのような気がする。もちろんそこそこの年かさの医師もいるのだが整形外科の女医さんなんか「へ、高校生?」てな感じでかわいいのだもの。びっくりしちゃうよ。
ちゃんと経験積んでるんだろうね、お嬢ちゃん?ちょっと心配だよ、おじちゃんは。

2/20 そんな具合でだいぶよくなってきた。大陸は風化して平たくなりいくつかの島を残して斑点状態にまで戻った。まだ、新しい島は出現してくるので直ったとは言い難いけれどピークを越えたことだけは確かだ。とにかくやれやれ。まっことおそろしやアレルギー反応。
[PR]
# by shakan | 2005-02-15 00:00 | 日記・・みたいな
わかったよ!
もう生涯二度と食べない。だから勘弁してくれ。仕事にならねーよ。
たぶんピーナッツのせいだ。
入院中食えなかった反動かこの一週間毎日一袋食ってたものなあ・・・

体中に発疹ができて痒くってしょうがない。
昨日の夕方頃だろうか、妙に左の肘が痒くてぼりぼりかいていた。やがて背中が痒くなってきて・・・たまらない痒さ。アバラが折れてるのでバストバンドなるコルセットのようなものをつけているのだがこれが結構きつめなのだ。アセモか何かそんなものができたに違いない。そう思っていた。脇から指をつっこんでかいたりしていたのだが、だんだん尋常ではなくなってきた。蚊に刺されたあとのようにぷっくりふくれてきてどうにも手触りがおかしい。これは虫さされに違いない。ひょっとして寝袋にダニでもいるのか?もういい加減辛抱たまらないのでコルセットをはずしアシ君に見てもらった。
「ちょっと先生、こりゃ虫さされなんてもんじゃないですよ!」おどかすなよ、おい。
合わせ鏡にして背中を見せてもらった。とにかく体がひねれないので。
確かに蚊にさされたような発疹が背中中に・・・ちょっと待て痒いのは背中から尻にかけてだ。いや太股もだ。あっちこっちにポツポツと同じように赤い虫さされのあとのようなものが。冗談じゃねーぞ。なによこれ。そう思って左腕を見てみた。まさしくそこには肘から脇にかけて点々と・・・納得。

原因については全く思い当たらない。血圧降下剤やら痛み止めやら飲んでるので、何か薬の相互作用かとも思ったが、医者には申告してあるし・・・ひょっとしてビタミン剤?一日4個以内って書いてあったが、昨日は何の気なしにぼりぼりかじってしまったっけ。6〜9個は食ったかもしれない。これか?
しかしかじってたのはビタミンCのタブレット。取りすぎたからってどうにかなるなんて話、聞いたことがない。してみると食い物か。
子供の頃からじんましんとかでた憶えはあまりないのだが・・・。
昨日食べたものを書き出してみる。どれもこれもふつうに食べているもので特に変なものは口にしていない。

なんなんだよ、ちくしょう。痒いったら!幸い桃の葉ローションがあったので(あせもとか虫さされに効くんだよね、うちの常備薬(^^))塗ってもらう。しばらくは収まるんだが2時間もするとまたぞろじわじわと・・・
ひと掻きしてしまうとその瞬間はほっとするのだが、たちまち火がついたように猛烈な痒みが襲ってくる。たまらん、顔から頭からかゆくなってきた。ううう〜〜〜じたばた。
痛みと痒み。どっちがまだマシなんだろう。仕事なんかやってられっかよ!
ってんで、キーボードをたたきつけることで気を紛らわしているのだ。
痒い痒い痒い。早く朝になってくれ。一番で医者に行かねば!
[PR]
# by shakan | 2005-02-13 18:27 | 日記・・みたいな