<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
13人の刺客
前作は観ていない。今回の脚本がどのくらい前作をなぞっているのか知らないのでこの映画に限っての感想。
イントロはインパクト絶大。いきなりの緊張感でアドレナリン噴出。観客の心をわしづかみにする。その後の展開も鮮やかで非常にわかりやすく、いい感じの緊張感が持続。尻が痛くなって初めて同じ体勢で固まっていたことに気づいた。それだけ力の入った、引き込まれる作品だったってことだ。なにげに笑えるエピソードも入ってそつがない。欲を言えば全員のキャラクターをもう少し掘り下げて欲しい気はしたが・・・13人もいてはさすがに無理か。
[PR]
by shakan | 2010-09-30 15:18 | 映画
カラフル
金曜日はホテルをチェックアウトしてから授業まで約5時間ほどの空き時間がある。で、映画を観ることが多いのだが・・・都合のいい時間帯に上映されているものの中から選ぶしかない。観たいタイトルではなく観られるタイトルが優先する。必然的にあまり興味を引かれないような作品でも観てみようかって気にもなるわけだ。

この作品、アニメにする意味があるんだろうか・・・。作画はしょぼいしキャラにも魅力がない。背景も写真起こしがほとんどでタイトルを彷彿させるようなカラフルなものでもなければきらめくような演出もない。おお、と思えるような印象的なシーンもなく・・・(強いていえばストーリーにはほとんど関係のない玉電砧線のところくらいだな)全体に地味〜な印象。
この淡々とした日常的な展開と描写が魅力なのだといわれれば観る方のこっちに問題があったわけだが・・・そういや「河童のクゥ」もこの人が監督か。冒頭の河童の親子のシーンはよかったが本編にはいったとたん、キャラについていけなくてDVDを止めてしまったっけ・・・やはり私には合わないアニメだったんだな。
[PR]
by shakan | 2010-09-29 07:44 | 映画
村田製作所のジャイロと聞いて
京都の模型屋で見かけたその小さなヘリ。東京マルイの「miniX」。BOXに記された「村田製作所、姿勢制御ジャイロ搭載」のコピーにクラッと来てホテルに戻るなりネット注文してしまった。(^^)
東京マルイといえばエアガンでおなじみだが例のバトルタンクシリーズ以来ラジコンにもかなり力を入れてるみたいだ。このヘリは赤外線コントロールだが。
a0053961_2395774.jpg
この出来はちょっと尋常じゃない。トイラジなんていっていいのかってレベル。デザイン的にもかなりイケてる。
a0053961_2402056.jpg
とにかく小さい。メチャメチャ小さい。バッテリーへの充電はUSBでPCから。20分ほどのチャージで5分くらい飛ぶ。
a0053961_2412898.jpg
a0053961_2413473.jpg
機体両サイドに8コのLEDが流れるように点滅する。初めこの辺はオモチャっぽいとか思ったが飛ばすと意外にイケる。姿勢もよくわかるし結構カッコいい。(^^)
a0053961_2413881.jpg
a0053961_2414640.jpg
何せこのサイズ、飛ばすと虫みたいだ。箱には誰でもベテラン飛行なんて書いてあるが・・・ウソではない。本当にウソのように安定している。ちゃんとトリムを取ればパワーコントロールだけでホバリングする。重心位置がちょっと前よりなのでゆっくり前進するセッティング。方向を決めれば勝手にそっちへ飛んでいく。いや、もう感動の一言だね。こんなものが室内で飛ばせるなんて。
実際には慣れるまでぶつけたりいきなりパワーオフして落っことしたりした。→丈夫さも確認済み。(^^;) とはいえいったん壊れたら自分で直すのは絶望的と思った方がいい。細かい部品が飛んでしまうと探し出すのはまず不可能。スタビライザーのピンが抜けてしまったときは(太さはシャーペンの芯くらい、長さ6ミリくらい)これでご臨終かと思った。奇跡的に発見できたのでこのときはなんとか直したがとにかくモノが小さいので修理は一苦労する。拡大鏡がなければ無理だったな、少なくとも私には。(^^;)

あんまり感動したので先行して発売されていた兄貴分も購入。「SWIFT」、こいつのアルミフレームはマジでただ事じゃない。スキッドの先端とか、このクォリティはトイラジのイメージを完全に覆す。シビレるね。(^^)
a0053961_3593539.jpg
a0053961_3593865.jpg
a0053961_359432.jpg
a0053961_3594870.jpg
a0053961_3595248.jpg
飛ばしたときの安定感はすばらしい。こちらはホバリング重視のセッティングみたいなのでほっとけば空中に浮いている。ちょっとガタイが大きい分(といっても十分に小さいのだが)旋回の挙動が唐突な感じはするけど。
a0053961_3595685.jpg
a0053961_40066.jpg
こんなスグレモノなのにどちらも実質五千円ほどで買える。一万円といわれても余裕で納得できる出来。信じられないくらいの価格だ。

あの国は心底嫌いだが(特にこのところの騒ぎで輪を掛けてる。この国のヘタレっぷりにもムカついてるが)あそこで作ってるからこその価格なんだよなあ・・・
[PR]
by shakan | 2010-09-28 04:38 | 模型
インセプション
主人公達は「アイデア」に固執してるが、映画そのものもアイデアに拘るあまりつじつま合わせに終始してる印象。見てる方はストーリーを追うのに疲れる。新人マンガ家の作品で、絵は上手いんだがやたらと設定に拘ってぎゅうぎゅうに話を詰め込んで失敗してるのをよく見るが、そんな感じ。

夢の中なんだからもっとハチャメチャにしてもいいと思うんだが、それをやると安っぽくなるとでも思ってるんだろうか。アイデアはそのへんに使うもんじゃないのか。もうちょっとユニークな映像を期待したんだが・・・街がひっくり返るところまではよかったがその後が続かないし。ありがちでつまらないイメージばかり。夢ってこんなもんかい?

とにかく。
エンターテインメントとして大事な要素が欠けてる。ドキドキハラハラしないんだよ。してる余裕がない、サスペンスが中途半端で。現実世界での追っ手からの逃亡シーンの方がよっぽど迫力あった。唯一ホテルでの変動重力シーンはイケてたが。頑張ったのかも知れないが面白くないってやつだな。ハズレの予感はしてたけどね。

にしても、人が作ったものにあれこれ文句をつけるのは本ッ当に楽だな。(^^;)
[PR]
by shakan | 2010-09-08 07:28 | 映画