<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ロールアウト
とっても間抜けな事故で失われたカンタス君の後継機。空撮専用。さすがに同じ機体を二度作ると要領がわかってるので手早く正確に完成する。スチレンペーパーの特性もだいぶわかってきたが、塗料の食いつきが悪いのはどうしたものか。ミラクルシートなる写し絵も密着させるのが難しい・・・
ちょっとだけ痛くしてみた。(^^;)
a0053961_18471989.jpg
a0053961_18474570.jpg
a0053961_1848850.jpg

[PR]
by shakan | 2010-06-28 19:18 | 模型
ザ・ウォーカー
ははぁん、てな感じのオチ。おもわずニヤリ。これはネタバレさせちゃならんだろう。(^^)
ストーリーは単純だけどなかなかスタイリッシュな映像、けっこう面白かった。
鍵となる「本」てのが、日本人にはいまいちピンとこないかな。大体想像はついてたけど、カーネギーがあそこまで固執するってのがね。それほどのものなのか。

デンゼル・ワシントンの小汚さといい刀使ったアクションといい、イメージしたのはたぶんあのキャラだろうね。日本の。(^^)  しかし・・・ゲーリー・オールドマンも老けたなあ。
[PR]
by shakan | 2010-06-26 23:58 | 映画
京のお昼
また来ちゃったよ。オーベック・ファン。(^^)
本日ピーカン。気温31度。そばじゃないよなあ・・・ワイン飲みたいし。ってことで。

a0053961_14524970.jpg今日は2500円のコースで。
前菜、自家製ソーセージと新ジャガのサラダ仕立て。
a0053961_1451260.jpg完熟トマトの冷たいスープ
a0053961_14512783.jpgプラス700円で選んだ子羊のロースト、ジュソース。
これは美味かった。これまでに食った子羊ローストの中でもピカイチ級。フィンガーボウルも出してくれたしね。骨周りの美味しいところ、心置きなく手づかみでいただいた。 
a0053961_1453896.jpg〆はカボチャのティラミス。
満腹。大変満足でありました。
トータルしてみると先週の平日限定ランチより充実してる分お得かも。(^^)

このお店、オープン30年だそうで今年はアニバーサリーイヤー。秋口には特別メニューが用意されるとか。
夜のメニューも試してないうちから特別メニューもないけどね。
[PR]
by shakan | 2010-06-24 15:22 | 食う
告白
構成や演出はよかった。観てる間はぐいぐい引っ張られて面白かった。・・・けど、トータルな感想としては・・・もう一度観たいかと聞かれればノーだな。ヤな映画だった。
ガキが嫌いってのが全面に大展開。私も似たようなもんなので、このくらいやってくれると結構気持ちよかったりもするんだが。見終わっての満足感がいまいち。特に終盤の盛り上がりがしょぼかったなあ。もう少しすごみのある画面作り、キャラクター作りをして欲しかった。印象も評価もずっと高くなったろう。
テレビドラマみたいだったよ、ラスト。まあ、主演が松た○子じゃあんなもんか。(^^;)

意外なほど客が入ってて驚いたが、聞いたら話題になってる映画だったのね。
[PR]
by shakan | 2010-06-19 12:09 | 映画
34度!
めちゃくちゃ暑いぞ、京都。本日午後2時現在、34度。
外へ出たとたん押し返されそうな熱気に当てられてクラクラ。だもんでお昼はフレンチに決めた。
理由?ワインが飲みたかっただけ。ちょっと前だったらこんな日には生ビールと決まってたもんだが、年食ってくるといろいろと趣味嗜好も変わってくるもんだ。
キンキンに冷えたスパークリングワインがたまらん。昼間っから飲める幸せをしみじみ味わいつつ。
・・・ビールだとあまり感じないことだ。ビールはその場限りののどごしの快感とか刹那的快楽を味わうもんで、あまりじんわりと楽しむことはないもんな。

a0053961_1417449.jpg平日限定ランチ、1900円也というのを注文。
この皿の前に突き出しでカクテルグラスに鯛のカルパッチョ。

赤ワイン追加。外は真夏だし。
あ〜幸せ。もう酔っぱらいモード。(^^)

フォアグラのテリーヌ、サラダ仕立て。
奈良漬けのスライスがあしらわれてちょっとおもしろかった。私的には・・・フォアグラは炙ったり焼いたりした方が美味いと思うけどね。テリーヌはちょっと・・・
a0053961_14172245.jpgメインは黒鯛のポワレ、ほうじ茶のソース!
これは美味かった。なんか不思議な懐かしいような味わいで。
a0053961_14174026.jpgデザートはセロリのシャーベット。これがなかなか。
こんなクセのあるシャーベットも珍しい。もうちょっと甘さを抑えてくれたらいうことなしだった。
a0053961_14164786.jpgというわけでお店はここ。雰囲気やスタッフ、サービスもイケたです。リピートOK。(^^)
先斗町の狭い通りは意外と日差しを遮って、暑い!!って実感はなかったな。四条通に出たらうだるようだったけど。
[PR]
by shakan | 2010-06-17 15:20 | 日記・・みたいな
アイアンマン2
初日の初回に観ちゃったよ。まるで楽しみに待ってたみたいじゃないか、(^^;)
実際そんなに期待してたワケじゃない。単に都合のいい時間に観られる映画がこれだっただけだ。
前作でトニー・スタークのキャラがおもいッきり嫌いで映画そのものの評価も低かったのだが、
今回はまあ、そういうキャラもアリだなというスタンスで観た。
これでいいのかってえ荒っぽいストーリーは置いておいても。
誰に感情移入したらいいもんやら、悪役の彼以外はことごとくクソみたいなんで本当に困る。
全く誰が主人公なんだか・・・
はっきりいって面白かったのは「別れた女房」くらい。敵役は存在感あったけどね。
更に続くんだかしらんけど、もういいよ。こんなの。出たらまた観ちゃうじゃないか。

ひとつ空けて隣の席に座ったピザデブ。
へんてこな短パンにビーサン、Tシャツのむさい格好で、
バケツのポップコーンをぼりぼり食いながらドリンクをズルズルいわせながら。
同じところで笑ってやがるのが何だか妙にムカついた。
[PR]
by shakan | 2010-06-12 01:20 | 映画
プリンス・オブ・ペルシャ
意外や面白かった。
スピーディな展開、これでもかってくらいのアクション、そしてカメラワークが素晴らしい。
お話そのものはまあマンガ的なので評価は人によるだろうけどね。ゲームが原作らしい。
ハッサンシン?暗殺団がたまらない。いや、メチャメチャカッコいいんだこいつら。

惜しむらくは王女様かな。絶世の美女というにはイマイチ。ま、慣れるけど。
私的には趣味じゃない。もうちょいエロっぽかったらなぁ。(^^;)
あと、そもそもの動機。これだけの陰謀にしてはいささかセコすぎ・・・

ジェットコースタームービーというやつだね。絶対にスクリーンで観る事をオススメする。
ファンタジーものがダメでなければ間違いなく楽しめるんではないかな。
お約束とはいえなかなかに決まったラスト。キメ台詞がナイス。
[PR]
by shakan | 2010-06-05 01:22 | 映画
書道ガールズ(メジャーな方)
実は好きなんだなぁ、こういう映画。人にはいわんけど。

予定調和というかなんというか、いいところも悪いところもひっくるめてこういう映画。
もうね。思った通りに展開するのがうんざりする・・・ほどに気持ちよかったり。
ああ、うまいこといきそうだけどこの辺でもう一山、と思うとまさにそうなるし。
ここらで逆風と思うとちゃんと吹くし。なぞのキャラもいいところで正体が知れる。
いや、いいんだよ。それで。臭すぎる演出もそれでいい。水戸黄門みたいなもんだから。

がらんがらんの劇場で前の方、ど真ん中の席。
こういう映画を観るときはなるべくそういう条件が満たされそうな時期時間を見計らう。上映期間終了間際とかね。
当たり前のように用意されるそういうシーンでべそべそしてるのなんか人に見られたくないもんな。
いい年してさ。
何でこういう映画ってステレオタイプな出来上がりになるんだろうか。
なんでそう思いつつ涙がつつっと流れるんだろうか・・・

実のところ人目さえなければこういう単純な青春ドラマで泣けるのって気持ちいいんだよね。人にはいわんけど。
いい年になったからこそ泣けるってのもあるだろうし。
遠い過去になってしまった青春時代にかぶせて観てるのかもしれない。作ってるやつらもそうかもしれん。
夢多き時代であり年頃なのだよね。いくつになっても。
ま、とにかくそういうわけで。大いに満足したといっておこう。
面白かったかと訊かれたら困るが。(^^;)

しかしなあ、ボーイズとかガールズとか竹中直人のキャラをなぞるような臨時教師はいかがなもんだろうか。
観てる間中、竹中の顔とダブってしょうがなかった。
嫌いじゃないし、どっちかというと好きなんだが・・・もう少しオリジナリティが欲しいかなぁ。


追記:「書道♡ガールズ」はまた別の映画らしい。公開になったらぜひ見比べねば。
[PR]
by shakan | 2010-06-03 17:09 | 映画
雨宿り
いったい何年ぶりだろうか。こういうシチュ。

四条河原町からの帰り、錦小路をブラブラ歩いてくる。
出がけの空はピーカンで思いっきり暑くなりそうな気配だったし、
雨の心配なぞこれっぽっちもしなかった。

何やらゴロゴロいってる。
なに?雷?行き交う人々から同じ言葉がこぼれる。
ほどなくして、アーケードの屋根をたたくものすごい音。
うわー、降ってきた!そこかしこで悲鳴みたいな声。
いやさそりゃすごい降りだったよ。ど、土砂降り。

錦のアーケードが切れる高倉の交差点に固まってる人、人、人・・・
そりゃこのシャワーみたいな雨の中飛び出していく奴はそういない。
それでも用意のいい奴は結構多いのだね。
観光客やら修学旅行生、意外と傘を用意してるんだ。
雨の予報とかあったっけか。

まあ、しょうがない。にわか雨と信じて止むのを待つ。
しばらくして西の空が明るくなってきたのでほっとする。
待つこと20分ばかり。
本降りになって出て行く雨宿り・・・と自分を抑えつつ、
頭の中ではさだまさしがぐるぐる。別に好きな歌でもないのに。

日が射してきた。
パラパラの小雨が未練がましそうにしてるところを外に出た。
雨は上がり、電線の水滴が落ちるばかりになるともうものすごい青空。
いきなり気温がぐわんと上がって。

雨上がりの京都。この日差し。なかなかイケてる。
ホテルまで数ブロック。
水たまりをよけつつ軽いステップを刻んだ午後であったよ。(^^)
[PR]
by shakan | 2010-06-03 15:29 | 日記・・みたいな