<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
なのはを観に行こう!
っていったら一言のもとに却下された。(^^;)
ので・・・

サロゲートを観た。

もう少し上手く演出してくれたらそれなりに楽しめたんじゃないかと思うんだ。
・・・こういう話、好きなんでね。
まあ、そこら中に穴があってどこに突っ込んだらいいのかわからないくらいなんだが。
とにかくラストが盛り上がらない。全然。致命的に。
全世界的とかいっていながらご町内レベルのスケール感。
襲いかかる脱力感。ぐだぐだ倒れるサロゲートよか観てるこっちが腰砕けだ。
もうね、こんなんでいいのかって感じで・・・涙がにじんでしまったよ。情けない。
[PR]
by shakan | 2010-01-27 18:23 | 映画
アダナカバブ
a0053961_5502854.jpg
またまたエスニック。スパイシーな牛肉のケバブ。
レシピ通りに作ってみた。挽肉にみじん切りのタマネギ、パセリ、スパイスを混ぜ合わせてこねるだけ。
単純だが肉をこねるのは快感だ。生肉をいじるとなんか恍惚としてしまう。(^^)

金串に巻き付け、オーブンで焼くこと15分プラス。
なかなかにケバブらしいものにはなった。
・・・のだが。
味も良かった。・・・のだが・・・
なんかひっかかるものがある。


さっぱりしすぎてないか。

串焼きは油が落ちてヘルシーとか書いてあったりするが、本当にそうなのか?
油と一緒に肉汁も流れ出してる。
海原雄山風にいえば、牛肉の美味さを捨ててる・・・んじゃないのか。

まあ、ケバブはこのさっぱりした食感がいいのかもしれないが。言い換えれば「ぱさぱさ」だ。
何かソースが欲しくなる。チリソースとハリッサを用意したが・・・

次はフライパンで焼いてみよう。ハンバーグの要領で、肉汁を閉じ込める方向で。

a0053961_15114752.jpg
やってみた。
肉は合挽。前回、おろして使ったタマネギ、今回はみじん切りで。ニンニクも追加。
一段とスパイシー。
串で焼くよりはかなりしっとり。肉汁はまあまあ。
あまりジューシィなケバブというのもちょっと違うと思うのでこの辺がいいところか。

この料理、どう見ても酒を飲むための一品でしかあり得ない。(^^)
おかげで日曜日のお昼から呑みモード全開。
[PR]
by shakan | 2010-01-22 05:51 | 作ってみた
マッシュルームって煮込むと縮むんだね。(^^;)
a0053961_8504775.jpg
骨付き鶏モモのワイン煮込み。マッシュポテト添え。
赤ワイン、ボトル半分どばどば注ぎ込むのは痛快・・・だが、へんなものが出来たらシャレにならない。
煮込んでる間キッチンに漂うワインの香り。換気扇止めたくなっちゃったよ。(^^)
[PR]
by shakan | 2010-01-19 11:48 | 作ってみた
雨の南禅寺
a0053961_15364686.jpg
本日、雨。雪になっても全然おかしくない寒さ。
さすがに境内、人の姿もなく。独り占めの気分はいいんだが・・・いかんせん寒い。
お昼を食べるとなれば、これはもう「あれ」しかないだろう。(^^)

a0053961_15371938.jpga0053961_15375429.jpga0053961_15382880.jpga0053961_1539323.jpga0053961_15392586.jpga0053961_15395541.jpg
メニューは「ゆどうふ一通り」のみ。湯豆腐に胡麻豆腐、木の芽田楽、とろろ、精進天ぷら、ご飯に香の物がついて一通り。3150円なり。七輪にナラ炭の一個でも入れてくれたらこの値段で納得だが、固形燃料ではねえ・・・席料いれて2500円くらいがいいところじゃないかね、天ぷらなんか格好だけ。ごわごわで美味くもないし。
あったまったけどね。
[PR]
by shakan | 2010-01-12 16:17 | 日記・・みたいな
ヤマト復活編
初のシニア料金で観るはずだった「アバター」。
奥さんと一緒に行ったんで夫婦割引で観ちゃった。
大満足。やっぱキャメロンはこうでなくちゃな。
タイタニックなんてろくでもないもの撮ってちゃいけない。(^^)

で、シニア料金でのスクリーンお初が「これ」になっちゃったわけだ。

もとより期待していたわけではないけれどね。リアルタイムでハイジファンと言い争っていた身としては確認しないわけにはいかない・・・たとえどれほどの失望を味わうにしても。(^^;)

はたして。そのものは期待に違わず!だった。実に。

男のロマンをかき立てる「燃え」も「萌え」もない。
(なぜ「ささきいさお」じゃないんだ!?それだけで評価はプラス10点だったのに)
何というか、作ってるヤツの情熱、思い入れを感じない。全然。
特に作画。下手なのは百歩譲って目をつぶったとしてもこの覇気のなさはどうなんだ??
ろくに動いてないじゃないか。キャラ設定も性格描写もアホみたいだし。見せ方、演出も話にならない。こんな作りじゃ感情移入など出来ない。
痛みを感じない戦闘シーンは悲壮感も何もあったもんじゃない。泣ける要素などカケラもない。

まあ監督がN氏ではね・・・果てしもないゴタゴタの末に作られた作品。なんだか痛々しい思いばかりが過る。
最後に「この作品を宮川泰氏、阿久悠氏、他・・・に捧ぐ」と掲げられるんだが、
・・・皆さん草葉の陰で苦笑されてることだろう。

今時こんなアニメで・・・と思うんだが、「ヤマトらしくてよかった」っていうやつがいるんだよなあ。不思議。
[PR]
by shakan | 2010-01-10 03:19 | 映画
初日の出
今年一年Jと二人、健康で過ごせますように!面白い年でありますように!a0053961_762266.jpga0053961_765097.jpga0053961_771593.jpga0053961_781446.jpg
[PR]
by shakan | 2010-01-01 07:16 | 日記・・みたいな