<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
初桜
ウォーキング再開。このところさぼっていたので。
a0053961_1544851.jpg
桜だなあ。6分咲きってところだろうか。エドヒガンか?ソメイヨシノじゃなさそうだが・・・名札付けといて欲しい。
に、したってまだ2月だぞ。この公園(本牧山頂公園)でモクレンより先に桜を見たのは初めてのような気がする。
a0053961_15443493.jpg
a0053961_154511.jpg
ヒカンザクラは見事に満開。
a0053961_15493415.jpg
a0053961_1549592.jpg
こちらは香りの薄い沈丁花。
a0053961_15512034.jpg
a0053961_155324.jpg
毎年、開き始めたら強烈に香りが漂うが。なんかインパクトないぞ、今年は。ここまで近寄ってやっと感じる。
a0053961_16124591.jpg
寸詰まりの春。(^^)
[PR]
by shakan | 2007-02-28 08:31 | 日記・・みたいな
Bookだらけ
親父とお袋が相次いで古くなったiBookからMacBookに乗り換え。
a0053961_231099.jpg
設定やらデータの移行やら、二人とも昔のパスワードとかすっかり忘れてて・・・も〜大変。自分のiBookもチェック用に持っていったのでそこら中Bookだらけ。どさくさ紛れに新しいヤツとすり替えてくればよかった。(^^)

ちなみに奥さんのもMacBookだったり。
[PR]
by shakan | 2007-02-12 05:47 | 日記・・みたいな
九州5号
これで100円もうけました。(^^)

って、実は1万円取られる危険を冒してのこと。ささやかなもんです。
いやなに、奥さんに「知ってるかい?九州5号って。ダッチワイフじゃないよ。エントリー100円、5回の解答で当てたら1万円!」と、つい危険無謀な賭けをもちかけまして・・・いやあ、正解がでなかったからよかったものの・・・内心ヒヤヒヤ。
残り2回。農産物だよ〜。これが出回ると夏でも美味しいのが食べられるんだよ〜、などとついヒントを出したくなる性格が災いしてピンチ状態はさらにヤバげに。(^^:)   ←はっきり言ってバカ。
でもでも、直前に仕事アップした奥さんはほとんど頭が回らなかったらしく、事なきを得ました。(くわ〜〜、500円にしとけばよかった)



コシがあって、香りもいいそうです。期待大。出回るのが楽しみ。(^^)
[PR]
by shakan | 2007-02-08 02:43 | 日記・・みたいな
なんだかなぁ
a0053961_23225442.jpg
近所の崖。
保護林に指定されてるんだけど、少し前何本か伐られた。その切り株。
a0053961_23241619.jpg
a0053961_23251497.jpg
どういう趣味なのだろうか。笑っていいものか・・・(^^:)
実はこの階段に痴漢がでて問題になったのだ。その解決策がこれ。見通しを遮っていた木を伐っちまったわけだ。
雑木林の中を抜ける階段、上がってくるのは大変だけれどもなかなかに趣があって好きだった。憎むべきは痴漢野郎なんだが、伐られた木がかわいそう。おまけにこんなモノ貼られちゃって・・・さ。
a0053961_2327534.jpg
a0053961_23283859.jpg
確かに見通しはよくなったけれどね・・・
[PR]
by shakan | 2007-02-07 23:39 | 日記・・みたいな
実家のネギマ鍋
親父がやっとインターネットをやる気になった。せっかくパソコンをいじってるんだからネットにつないでガンガン利用しなさいよ、便利だよ。使わなきゃウソだよ。知りたいこと、わからないこと、大抵の疑問は即座に解決するよとさんざん勧めてきたのだ。
二日、無線LANの設定に行く。
めでたく開通。これでいつ来てもネット環境が使える。むっふっふ。

夕食はネギマ鍋。
a0053961_1921650.jpg
a0053961_19212939.jpg
a0053961_19214966.jpg
その晩は珍しく親父も酒が進み上機嫌。
ふたりしてベロベロになるまで酔っぱらう。

その後風呂に入ったのだが、最近取り付けたという浴室暖房が実に心地よく・・・つい寝てしまった。どのくらい寝てたんだろう。お袋が心配して見に来た。洗い場で横たわってればひっくり返ったかと思うよね。ちょっとびっくりさせちゃったみたいだ。ごめん。
いや本当に気持ちよかったのだ。たっぷりの湿気があって裸で寝ていて全然寒くないし、なによりいい感じに酔っぱらっていたので。
[PR]
by shakan | 2007-02-04 19:41 | 日記・・みたいな
スペース・カウボーイ
自分がこの年になると、爺さんがヒーローになるエピソードには心躍る。ちらっとそういうシーンがあるだけでもいい気分なのに、この映画は全編爺さんが主人公。楽しくないわけがない。クリント・イーストウッドが趣味丸出しで作った映画って事だな。なかでもホーク(トミー・リー・ジョーンズ)が一番美味しい役どころ。FLY ME TO THE MOON・・・かっこよすぎ。うーん、萌えるね。

・・・字が違うな。ここは「燃える」だ。(^^)
[PR]
by shakan | 2007-02-04 05:43 | 映画
Vフォー・ヴェンデッタ
「ヴィフォーヴェンデッタ」
(カタカナにされると訳のわからないタイトルだ。味もなにもありゃしない)
アメリカを植民地にしちゃってるファシズム国家イギリスという設定がなかなか痛快。自らの復讐と政権打倒の為に戦う孤高のテロリスト、それが「V」。
以下ネタバレ。

仮面の主人公ってすぐに恋人に秘密を明かしちゃったり正体バラしちゃったりするけれど・・・この「V」は最後まで仮面つけっぱなしで死んじゃう。なかなかにストイックなキャラ。その割にはよくしゃべる。そりゃまあアジテーションをまき散らすキャラな訳だけれど。もう、べらべらべらべら口数が多い。おかげであまりミステリアスでない。冒頭、ヒロイン、イヴィーとの遭遇シーン。いきなりあんな長口上の自己紹介されたひにはドン引きだろう。
なにやら怪しげな生体実験のモルモットにされた結果、唯一生き残った男。すごい能力の持ち主らしいんだけれど・・・人間離れしてるほどではない。イヴィーを拉致って丸坊主にしたり、拷問したりとなかなかの変態ぶり。

見所はナタリー・ポートマンが変態司教のロリ趣味に合わせて少女スタイルで登場する場面。思わず吹き出しそうになったけれど、これは「萌え」でしたな。押し倒され、抵抗してお尻丸出しでベッドから転げ出るとこなんかもう最高。このシーンだけで☆4つ。(^^)
あとはやっぱり丸刈りにされるところだな。これはかなりくる。ナタリー・ポートマン実はMだろう。(^^)(ご丁寧にもう一人、劇中登場人物の女性が刈られるカットもあり)ウォシャウスキー兄弟の変態オタク趣味バリバリ。
なんだかんだいってそれなりに面白かったのはそのへんのシンパシーかな。(^^:)

後で知ったことだが仮面の男「V」を演じていたのはエージェント・スミスだったんだね。
[PR]
by shakan | 2007-02-04 04:43 | 映画