<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
RED EYE FINAL
コミュニティへの投稿を転載。

「RED EYE FINAL」本日15時、無事入稿しました。ふ〜

いやいや、皆さんお疲れさまでした。
さくっと〆切前に原稿をくれた皆さん。初めて寄稿してくれた皆さん。
ありがとうございました。
もちろん遅くなってもちゃんと上げてくれた皆さんに感謝です。(^^)
おかげで充実の?最終巻になりました。

本業の〆切が迫る中、気が気ではありませんでした。
毎度の事ながら体力的にも精神的にも結構なストレス。
・・・解消のために始めたんですけどね。

同人誌は楽しかった。同じくらいきつかったです。
でも、やってよかったかな。一生分堪能しましたです。(^^:)

中華街「山東」で、軽く遅い昼食、夕食がわりの打ち上げ。
奇しくもRED EYE立ち上げのメンツ3人で。
a0053961_8583911.jpg
a0053961_859427.jpg
蒸し鶏。冷製が多いけれどここのは出来たてって感じ。生姜の香りがふわっと立ち上る逸品。
a0053961_91522.jpg
水餃子。ここの売りらしい。(^^)
二人前で三人満腹。何度も行ってるけれども、ここは屋台店。休日とか行列が出来るらしいが、勘違いしない方がいい。そのつもりで行けば予算も低くてすむし美味いものも食える。でも接客態度は最低ランク。
[PR]
by shakan | 2006-12-19 23:26 | 日記・・みたいな
戦国ランス
来ちゃったよ。
・・・・・・・・
この忙しいのに。・・・封印しておかなくっちゃ・・・
好きなんだよなあ、ランス。困ったね。
ボーメの五十六も予約しちゃったしな。

とかいいつつマニュアル読んでたり。
[PR]
by shakan | 2006-12-15 15:56 | 日記・・みたいな
幻の酒
「菊舞(きくまい)」を巡ってトラブル。
蔵元に集まった群衆が騒ぎ出し、暴動に発展した。
私は手に入れたのだが、その騒ぎに巻き込まれ車のリアウィンドウを割られた。
冗談だろ!?

飛び起きた・・・・・・・・・・・夢かよ。(^^:)
昨夜寝しなに呑んだ「鼈(すっぽん)」と「眞酒(まことざけ)」のせいだろうか。
悔しいのは「菊舞」を呑む前に目が覚めてしまったことだ。
飛び起きてしまったことだ。
暴動が起こるほどの酒、どんな酒だったんだろう。
清酒だったんだろうか、焼酎だったんだろうか?

本当に悔しい・・・(泣)
[PR]
by shakan | 2006-12-12 14:21 | 日記・・みたいな
うちのアスカ
仕事明けでちょっとハイになってる。ので、いろいろアップ。
朝から呑んでるし・・・(^^:)
a0053961_1001125.jpg
a0053961_1004155.jpg
a0053961_1005924.jpg
a0053961_1032231.jpg
a0053961_1025891.jpg
a0053961_1014277.jpg

[PR]
by shakan | 2006-12-08 10:07 | 模型
フィギュアは尻で選ぶ 2
a0053961_8174610.jpg
a0053961_818161.jpg
a0053961_8183745.jpg
う〜ん、実にいい尻。(^^)
さてこのキャラ、なんだかわかったかな?
a0053961_8194485.jpg
a0053961_8201647.jpg
a0053961_8203867.jpg
というわけで、そうWinちゃんでした。(^^)
[PR]
by shakan | 2006-12-08 08:28 | 模型
すいとおねん
a0053961_765229.jpg
やっと手に入れた。実にいいネーミングだ。(^^)
十年貯蔵酒。お値段はそれほど無茶苦茶なものではない。原酒とさほど変わらない。泡盛なんかだと十年古酒なんかあたりまえだし、スピリッツと考えればモルトウィスキーで十年はレギュラーものだ。それを思うと○伊蔵の「楽酔喜酒」600ml、38,000円って尋常じゃない。なにそれってなもんだ。抽選、申し込んだはいいけれど、当たったらどうしよう。ハラハラ
転売しちゃうか、思っても致し方ないような気がする。最近。(^^:)
[PR]
by shakan | 2006-12-08 07:28 | 呑む
メイド姉妹
a0053961_621278.jpg
チビちゃんの方、顔がなんだったなあ。映り込みが問題。いかにもシロート。(^^:)
そのうち撮り直そう。しかし、モノの形状からして正面を向かすとどうしても前景が映り込む・・・どう対処すればいいのだろう?
[PR]
by shakan | 2006-12-08 06:21 | ガジェット
やっぱこれがないと
やっと発売に。(^^)
a0053961_6124083.jpg
a0053961_613370.jpg
a0053961_6133090.jpg
アングルファインダーでした。
必需品だよね。コンパクトカメラの液晶モニターだとローアングルもさほど苦にはならないんだけど。
[PR]
by shakan | 2006-12-08 06:19 | ガジェット
頂き物2本
基本的には芋らしいふわっとした豊かな香りが立ち上る焼酎が好きだ。
ボディ、キャラクターが感じられ、そこはかとない郷愁に包まれるような味わいのある焼酎・・・体調、気分、いろんな状況で呑む度に表情の変化が感じられるような、そんな焼酎が自分の理想なんだろうと思う。
どっしりとした量感なんかもあるとうれしい。

ネーミングも(ラベルのデザインも含めて)大事な要素だ。
ラベルからもたらされる期待感は大きい。それだけに惹かれて買ってしまったものも結構多い。期待はずれだったものも多いが。(^^:)
焼酎の味わいに浸りながらそのラベルを眺めつつネーミングと味わいのマッチングを思う。
ベストは情景が浮かぶこと。その焼酎が持っている「雰囲気」。
なに、具体的なものでなくともイメージできればいいのだ。
奇をてらったネーミングのものにも美味いものはあったが、いけると思った焼酎は概してネーミングも相応しかった。納得できる。作り手の思い、自信のほどが伝わってくる。
ぴたっと来る逸品は実に印象深く記憶に刻まれる。

見事な文章,表現で評を書かれるオーソリティの方々みたいな自信はない。偏った好み、感性に基づくコメントであることをお断りした上で語らせて頂く。

「XXX」:地域の有志が集まって原料の芋を作り濱田酒造に製造を依頼したという地域限定、会員限定のスペシャル焼酎を頂いた。
頂いた以上は感想のコメントをしなければならない。
・・・のだが、うむむ。

忌憚のないところでいわせて貰えば、この焼酎、まだ発展途上であると思いたい。
コンセプトは素晴らしいと思う。ネーミングもラベルも実にいい。
ストレートで呑んだ。
☆3つかなぁ。「普通に飲める」レベルだと思う。現時点では。
(忌憚のないところでだ、繰り返すが)
なんだかよくわからないのだ。キャラも表情もぼんやりしてよく見えない。
芋らしい香りもいまいちだし、味わいも薄い気がする。これでは印象に残らない。
もう少し練り込んで、主張のある焼酎にして貰いたい。
口にする機会に恵まれた外部の人間に、あれは美味かったといわせて欲しい。
また呑みたい。でも、かなわない。
・・・・そんなまぼろしの焼酎、伝説の焼酎になってくれたらと思う。

私は濱田酒造の中では「鼈(すっぽん)」が一番好きだ。
是非ともああいうキャラの立った焼酎に育てて欲しい。

「白の匠」:これも濱田酒造。初めて呑む銘柄。米焼酎だ。
栓を抜いたときに立ち上るような香りはない。
むしろ嗅ぐよりも口に含んで鼻に抜いたときに強く感じる、華やぎ。
味わいは長く続く。舌の上を転がるというよりは平べったくのびる感じ。軽やかでフルーティ。
特にキャラは立っていない。ボディも感じられない。いかにもなすっきり系だ。
減圧蒸留らしいけれど、特に日本酒の味わいに近づける意味はあるんだろうか。
焼酎なんだから。焼酎のアイデンティティを大事にして欲しいと思うんだが。

それなりに美味い。このタイプは趣味ではないが。(^^:)
日本酒をロックで飲みたいと思うむきにはいいかもしれない。
[PR]
by shakan | 2006-12-01 03:50 | 呑む