<   2005年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
エロチックな果物
といえば、これをおいてありませんですな。
毎年この時期になると店先に並ぶ神々しいまでの造形。
女性のお尻をこよなく愛でる私としましてはたまりません。
その形その手触り。その香りその柔らかさ。
そしてなんといっても恍惚となってしまうくらいの食感。その味。

CHEEKSの表紙、バックはこれ。
もうまんまスパンキングされたお尻そのもの(^^)。
a0053961_041818.jpg

[PR]
by shakan | 2005-07-27 01:39 | 日記・・みたいな
タイガー強すぎ
全英オープン。オラサバルの60メートルパット!!
思わず注目。セントアンドリュースのこのグリーン、1200坪!!もあるんだと。笑っちゃうね。
パターであんな思いっきりたたくシーンなんてみたことない。

朝渡しの原稿、最後の追い込み中。
一晩中みてられる。いやでも。(^^:)
[PR]
by shakan | 2005-07-18 01:10 | 日記・・みたいな
横浜ジンギスカン
最近ジンギスカンがブームになっているようだ。都内ではあちこちで新しい店がオープンしているらしい。おなじみの東京ジンギス倶楽部、マップが星だらけになってきたもんな。
http://www.to-jin.com/index.html

で、そのブームに乗ったのではないらしいこの店(^^)、「だんだん」。オープンは2004年の11月だそう。
つい先月、札幌のビール園でたらふく食ってきたのだが、この日(7/6)は朝から無性にジンギスカンが食べたくて食べたくてたまらなくなってねぇ。夕食は絶対ジンギスカンと決めていたのだった。北海道育ちの人間にはインプリンティングされているのだと思うあの味、あの匂い。食べたいとなると我慢出来ないのだよ。時間さえ許せば北海道まで行っちゃったっていいと思うくらい。まあ、現実問題、近所で食べられたらこんな幸せなことはないのだが最近まで横浜にはなかった。何年か前、洋光台だったかあの辺に出来たってんで喜び勇んで飛んでって地面に潜り込むくらいへこんだ。それ以来、似非ジンギスカンには当たりたくない思いが強くって。この店もあるのは知っていたのだがなかなか試してみようって気にならなかったのだ。

木造モルタル2階建て。これって元はアパートなんじゃねえのってな外観。場末なバーとかスナックが入ってるといかにもってな建物。鉄製の階段を上がると正面に東京ジンギス倶楽部のステッカーが貼られたドア。ちゃんと店名を書いておいて欲しいものだが看板は階段下にあるだけ。隣は飲み屋らしいんだがどちらのドアなんだかちょっと迷う。
中にはいるとそこそこの広さ。内装はまあまあ。そこら中、油でぎとぎとだけど(^^)。
上着をしまうスペースとかビニール袋は用意してるんだろうか、Tシャツの我々にはどのみち関係はないんだが一言もなかったな。ジンギスカンは思いっきり匂いが付くからねぇ。

生ラムはオーストラリア産らしい。味はよかった。
タレはちょっと物足りなかったな。もう少し濃厚なのも用意して欲しい。パンチの効いたのを。
特に感動したのはブルーチーズ焼き。これはちょっとヤバイくらいうまい(^^)。タレがいまいちに思ったのもあったせいか、ジンギスカンもこの溶けたブルーチーズに絡めて食ったのが一番うまかったような気がする。
残念だったのはサイドオーダー。サラダも、ザワークラウトもへタレ。これならいっそ無しにしてしまった方が潔いってもの。肉だけって直球勝負の店もいい。(・・・でもジンギスカン食ってると無性に生野菜が欲しくなるんだよなあ)
4人で腹一杯飲んで食って16000円。まあまあじゃないかな。
[PR]
by shakan | 2005-07-09 18:34 | 食う