カテゴリ:映画( 75 )
Q
巨神兵がすごかった。真剣に金かけて今の撮影技術でとると特撮はこんなに凄いのかって印象。
CGよりもリアルな訴求力があるね。熱さや痛みを感じるわ。
本編の方もものすごかったが例によってなにがなにやらさっぱり。シンジ君にはイライラさせられるばかりで最後までこれっぽっちもカタルシスを感じることはなかった。映像と画作り、雰囲気作りは素晴らしいがそれだけ。つづくと出たときには大いに脱力した。ごめん、全ッ然面白くなかったよ。
[PR]
by shakan | 2012-12-03 20:33 | 映画
トータル・リコール
面白かった。
息もつかせぬ切れのいいアクションとディテールに凝った背景、サービス精神にあふれたカットの連続はいかにも好き者が作った感じで大いに好感。ラストまで存分に楽しめた。
話の流れは概ねシュワちゃんの作品と同じだが設定は大きく異なる。まあ、かなり無茶な設定なんだけどこのアイデアあっての作品だし、荒唐無稽が大好きな私にはいっかな問題ない。それやらこれやら突っ込みどころは観たあとの話題には十分すぎるほど。それも全部ひっくるめて堪能ってわけだ。(^^)
吹替え版がおすすめ。絶対に大スクリーンで観るべき!!
[PR]
by shakan | 2012-08-21 08:04 | 映画
プロメテウス
シガニー・ウィ○バーはよかったなあ。しみじみ。

キャラ設定が思いっきりつまらない。もう全然キャラ立ってない。誰にも感情移入できない。
ストーリーはご都合で展開するしメカデザインは古くさいし・・・
つっこみどころばかり。期待が大きかった分がっかり感がハンパない。はあ・・・

探査ボールだけは絵的に面白かったけど。
[PR]
by shakan | 2012-08-15 23:14 | 映画
火星のプリンセス
お姫様、見苦しくはなかったな・・・さすがに。暑苦しいとは思ったけど。(^^)
けちゃらーさんの「息苦しい」というのは言い得て妙。
あのメイクのせいだろうね。ちょっと鬱陶しかった。私的にはソラの方がチャーミングだったな。
もう焼き印を押すところがない・・・に萌えた。

映画は面白かった。まあ、あれとかあれとかすでに映像化されちゃってるのでちょっと二番煎じな印象はあるけれど、原作はこっちの方が遥かに古い。むしろ原点なわけだし。
跳んだり跳ねたりのスケールがものすごいのでロングショットが多いんだが、でかいスクリーンで対角線に吹っ飛んで行くジョン・カーターが小さいんだよ。どこにいるかわからなくなっちゃう。(^^)
米国ではあまり受けなかったらしいが、主たる原因はタイトルだろう。
超絶つまらない。つまらなすぎる。これほどつまらないタイトルは最近見たことがない。
なんで火星のプリンセスでやらなかったのか理解に苦しむ、ものすごく疑問だ。恥ずかしいとでも思ったんだろうか。
[PR]
by shakan | 2012-04-21 20:03 | 映画
バトルシップ
観るつもりの人は読まないように。




厨二病全開。印象はまんまトランスフォーマー、プレデター。
ビジュアルはすごい。興行もの見せ物として十分に楽しめる。
お話は見事に思った通りに進む。好きだからねえ、こういうの。思わず照れくさくなるくらいだ。
ちょっとハズイくらいベタベタの展開。こういう映画が好きだったら誰でも先が読める。
うひゃー、マジでこう来るか、ってな感じ。
ラズベリーダントツのバトルフィールド〜を思い出しちゃったよ。(^^)

でもしかし、イントロのエピソードは不快。バカすぎる主人公に引いてしまった。
いくら何でもバカ過ぎだろ。いくら無茶な設定だからってキャラの設定まで無茶にするなっての。
おかげでこのキャラには最後まで感情移入出来なかったわ。
[PR]
by shakan | 2012-04-14 02:00 | 映画
ストパン
久しぶりに映画館に足を運んだ。結局、休み中は一本も観なかったわけだ。
で、京都で最初に観たのが、間もなく上映終了してしまうストライク・ウィッチーズ劇場版。
いやいや、大スクリーン一杯のパンツを堪能した。(^^)
終了が近いというのでどうせガラガラだろうと思ったら意外やけっこう客が入ってる。男性率100%。ま、ほとんどが見たまんまのオタク君達だ。間違いなく一番の年長は私だったろうね。
例によってシンプルなストーリーなんだが、劇場版だけあってそれなりに作画は頑張った感じ。いかにもファンが喜びそうな内容、もう真っ正直なストレートで狙い撃ち。まんまと乗せられて楽しんでしまったのだった。(^^;)
[PR]
by shakan | 2012-04-13 09:37 | 映画
マネーボール
なんというか、こういうものかと思うといやな世界だな大リーグというのも。映画としてはそこそこ面白かったが見終わった後の満足感はあまりない。一部爽快感はあるけれどどうもそこがこの映画の見所ではないらしい。盛り上がる割には。実話だから下敷きにした元のストーリーをなぞっているんだろうがなんか煮え切っていない気がする。キャラクターの描き方にしても通り一遍でいまいち深みを感じない。なるほどねとは思うが、これは辛いな、という感情移入がしにくい。アメリカ人の?体育会系の?ガサツさばかりが鼻につく。ブラピのオーバーアクションのせいかな。単に自分と波長が合わないだけかもしれないけどね。
[PR]
by shakan | 2011-11-14 15:00 | 映画
カウボーイ&エイリアン
ネタバレ注意

芬々とB級臭さが漂うタイトル。覚悟して・・・というよりは大いにその辺を期待して観に行った。
キャスティングがあれやらこれやらなので意外やまともな作品なのかもと、ひょっとして期待を裏切ってくれるのではないかと一縷の望みを持って観たのだが・・・結局期待に反せずの内容だった。B級のネタを頑張ってそこそこの映像にしたってところかな。SFと西部劇を組み合わせる発想は大いに惹かれるのだがもう少し納得のいく話にして欲しかった。説得力ある「大嘘」を見せて欲しかった。力技をね。金(gold)をほしがる宇宙人とか・・・勘弁して欲しい。人々を攫う理由にしてももう少しそれっぽいワケがあって欲しい。なによりエイリアンがただの凶悪な怪獣にしか見えないのは問題だろう。どうひいき目に見てもあのような科学力を持った高等知性体には見えない。こいつらは狩りのための猟犬みたいな存在でこいつらを使役する「主人」がいるものだと最後まで思っていたよ。
人間ドラマもねえ。いろいろ詰め込んだのはいいけれどなんだかわざとらしさが鼻について中途半端。腑に落ちない。映像は3Dで観るほどのものでもないと思うが、いろいろと突っ込みどころが満載で友人と観れば映画館を出た後の話題には事欠かないよ。(^^;)
[PR]
by shakan | 2011-11-07 16:00 | 映画
SUPER 8
スカイラインがアメリカンコーヒーとすると、これはバターたっぷり砂糖たっぷりの濃厚ココア。濃い味通り越して少々くどい。・・・じいさんの郷愁につきあうのも些かしんどい。
[PR]
by shakan | 2011-06-26 01:29 | 映画
スカイライン
いやあ、日本公開が決定してからというものとっても楽しみにしていた作品。観られて大いに満足。(^^)
内容はCMで流れる予告そのまま。いきなりやってきた異星人に手も足も出ずに侵略、アブダクトされる人類。もう、スケールがでかいんだかショボいんだか・・・とにかく主要な登場人物が一般人の数人だけってのがすごい。とことん最後の一人にまでこだわるエイリアンのしつっこさと相まって妙に濃い。こういうクリーチャーものが好きな人にはお勧め、かな。最後どう落とすんだろうかと気になってたんだが、そうかそう来たかてなラスト。ここでニヤリとするか、おいって突っ込みたくなるかで評価が分かれるだろうね。きっと後者の方が多いと思うけど。(^^;)

今回無人となったLA、9月にはまた侵略される。(^^;) こっちも楽しみ。
[PR]
by shakan | 2011-06-24 10:03 | 映画